So-net無料ブログ作成
検索選択

小田急線の脱線で [news]

IMG_1560w.jpg


うちから数百メートルしか離れてない場所で、
あの一番人が混みあう時間に脱線事故があり、
ヘリコプターが何機も飛んで、降りた遮断機が上がらない。クルマが大渋滞
駅の向こう側はアンダーパスのみだね・・。
と、23時過ぎまで開かないと知った人たちが、どんどん踏切を渡る自体にお巡りさん出動。
半分の遮断機を開けて、車を通す。
いつもは無人になるポリスボックスには、時間に応援のパトカーも。

電車が通るよ-という矢印が出っぱなしの踏切で、
半分だけ開けての交通整理。不思議な光景・・
最初は警報機も鳴りっぱなしだったから、ちょっと見てて怖かったな。お巡りさん居ても。
頭上には7機くらいヘリコプター旋回。TVの音が聞こえない・・
結局その日のうちに電車は動かず、朝6時過ぎに開通した。

原因調査中だそうだけど、場所が場所だけに、被った人が多い。
我が家では息子が大和から6.3キロ歩いて戻った。笑
電車だと僅か8分だけど、歩くと1時間ちょい。
久々に、日常のありがたさをかみしめる・・・


nice!(23)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 23

コメント 8

hatumi30331

こういうことがあると・・・困るね。
駅前が丸見えの我が家・・・・
事故で電車が遅れたりすると・・・
構内のアナウンスが凄い!
ずっとしゃべってるし・・・
長いとバスが来て乗せて行くよ。
大変やね。息子さん・・お疲れさま。^^;
by hatumi30331 (2014-06-21 07:34) 

takenoko

6.3kmを1時間余りで帰るならばかなりの早足ですね。お若いですね。
電車は動かないのに閉じたままの踏切は困りますね。
by takenoko (2014-06-21 07:56) 

ぽんた

そんなにお近くだったんですか!?
息子さん、たいへんでしたけど、歩ける距離にいらしたのは不幸中の幸いでしたね。

私は、歩行困難+トイレ問題を抱えてからは、何かあって帰宅が難しいと判断するしかないときは。とっととあきらめてどこかに滞在する覚悟を決めています。
病気とうまくつきあっていくためにも、できることとできないことを自分なりにきちんと区別しないといけないということで。。。
by ぽんた (2014-06-21 10:53) 

hidens

hatumiさん、こんにちはーうちも駅前が丸見えだよ・・笑 
もーストリートビュー困るよ。爆笑。何があったか判っちゃう距離ってのも大変だよね。hatumiさんも家にいながらにして、事の次第が判るっていう・・ありがた迷惑な距離なのね・・息子は帰り6キロは流石に食後寝てましたwww
by hidens (2014-06-21 18:40) 

hidens

takenokoさん、こんにちは 一時間ちょいは掛かってたと思います。走ったりもする子なんですが部活帰りだからさぞヘトヘトだったようで・・爆笑。
閉じたままだと同しようもないから、お巡りさん出動で開けてくれたのはよかったと思います。こうやってみると、、踏切が多いんですよ、江ノ島線・・。

by hidens (2014-06-21 18:42) 

hidens

ぽんたさん、お元気そう!!こんにちは。
チョー近いんです。江ノ島線だから。すぐアウトでした。
10キロくらいまでは自分で歩くんじゃないかな。でももし、京急がトラブルの時は諦めるって言ってました。もうトモダチに泊めてもらうしか無いって。
23時復旧予定って言ってましたが「無理だから帰って来い」と19時過ぎにはメールしてた私・・笑
そうだよねぇ、トイレが大変だよね。足だって、心配だよ。ハンデを持ってたら、何もない時でも頭の中でシュミレーションしなくちゃならないね。
しかし、脱線って、今年多いね・・汗 気をつけて。。

by hidens (2014-06-21 18:47) 

chunta

時間が時間だったから 
都内からの定時帰宅組は だいたい 家の近くだったらしく
振り替えの行列も 以前のJRのケーブル切断の時みたいにさ
ものすごく酷い状態では 無かったみたいよね
それこそ 金曜日とかじゃ無かったのも
満員電車の脱線じゃ無かったのも 
フルスピードで走行中じゃ無かったのも 不幸中の幸いでしたね
お兄ちゃんも 大和まで帰れてたのはラッキーだったよね
お天気が良かったのもまた ラッキーだったよね (#^.^#)

by chunta (2014-06-21 22:53) 

hidens

ほんと、いろんなラッキーがたまたま重なったね。でもすぐ横を走る線路に乗り上げたりしなくてほんとよかった。怖いよね。
まだ原因がはっきりしないからなんとなく気になるね。
6.3キロはあの日歩いた人たちの中じゃ短かっただろうと思われます。
本人クタクタになってたけどフラットな道だもの・・ほんとにいつ何が起こるかわからない時代になったねぇ・・
by hidens (2014-06-23 10:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。